引越しをするのは個人だけではありません。オフィスの移転であったり拡張して支店を増やしたりといった際に法人も引越しの必要に迫られることがあります。個人の引越しと違ってベッドなどはないにしても、法人だとロッカーや書類を入れるための棚・コピー機など大型のものもさまざまあるでしょうし、書類も大量です。これらをスマートに運ぶためには引っ越し業者選びが肝心です。法人専用の引越し業者を選べば、ノウハウがあるのでスムーズですし、新しいオフィスでのレイアウトを考えてもらえたり壁やエレベーターが傷つかないように、他に入っている業者に迷惑にならないように作業を進めてもらえるでしょう。ネットワークの配線や電気のコンセントなど一般家庭に比べてずっと複雑です。

必ず複数の業者を比較してください

法人向け引っ越し業者は複数あります。その中で単に近くにあるからというだけで選ぶのではなく必ず相見積もりを取るようにしましょう。会社の経営に関わってくるためできるだけ安く引っ越しできた方がよいでしょう。とはいえ、安さだけで選んでいると対応が杜撰だったり、何らかのトラブルが起こったりという危険性もあります。個人の引っ越し以上に大切な書類など多いです。業種によってはお客様の個人情報も含まれていることもあり、万が一それが流出してしまった場合には会社を傾けることになりかねません。信頼性の高さもまた重要です。ある程度有名な業者の方が、信頼度も高く、引っ越し業務についてのマニュアルも確立していますし、万が一のときのトラブル対応も万全でしょうからおすすめです。

すぐに業務再開できるようにしましょう

スマートなお引っ越しとは引っ越し先ですぐにまた業務が再開できること。業務が滞る日々が続けば続くほど売上も伸びず、お客様や取引先からの不満の声も高くなります。特にインターネットや電話に関しては当日からすぐ使えるよう専門的知識を持った人がいる業者を選びましょう。オフィスが移動するということはレイアウトなども一から考えなければなりません。コンセントの差込口の数など足りているかどうか、持っていった家具や機器・書類などをきちんと収納することができるのかどうかなど綿密に打ち合わせしておかないと混乱が起きてしまいます。新しい名詞や封筒を作成したりといったサービスを行なってくれる業者もいます。単に荷物を運ぶだけでなく経験を活かしてその他のサービスも行なってくれる業者だと安心です。

TSUNAGARU OFFICEは賃貸オフィスの中でも居抜きオフィスに特化しているので専門知識豊富! 都心や関東、幅広い地域での物件をととりあつかっていきます。こだわって作ったオフィスを取り壊すのはもったいない、とお考えの方に居抜きオフィスのシステムをご紹介。 お問い合わせフォームから、情報の都合でサイトでは公開できない物件もございますので、お気軽にお問い合わせを。 法人引っ越しはつながるオフィスで物件探し